トラベル

九十九里町

千葉県山武郡九十九里町は、九十九里浜のほぼ中央に位置し、首都圏から60キロ圏内にある人口2万人余りの町です。
また、町の産業は、いわし漁とともに栄え、発展を続けた九十九里町、いわしの加工食品をはじめ、水産加工業は、町の産業を支え る大きな柱です。

◆見所・PR

サーフィン

九十九里町は、黒潮踊る雄大な太平洋に面し、古くから海水浴場として県内外に名をはせ、美しい海岸線や波光きらめく水平線、開放感あふれる全国屈指の海岸は、どこよりも遠浅で広く、明るく、きれいで三拍子そろったマリンレジャーの宝庫です。
サーフィンなどのマリンスポーツをはじめ、シーズンを問わず、ハマナシやハマヒルガオなどの豊かな自然を楽しみにたくさんの人が訪れます。平成25年の観光入込数は、年間を通して75万人の方が訪れ、夏季期間中には26万人の方が訪れました。
また、町ではイベントを多数開催しており、オールシーズン楽しめるのも魅力の1つであり、町の偉大な文学史も数多くあり、中でも蘆花文学碑や宵待草詩碑、伊能忠敬記念公園などがあります。

◆まつり・イベント

ひょっとこ踊り

8月の第1土曜日に九十九里町の真夏の夜を彩る祭りで、毎年多くの観光客が訪れる、名物は、九十九里ならではの「ひょっとこ踊り」。約2,000人もの踊り手が、片貝中央海岸を陽気に踊り歩く、最後に盛大な花火が打ち上がり、海に映し出され幻想的です。

◆グルメ・特産品

ハマグリ

九十九里地ハマグリの認定品は昔からの貝桁網漁船によって漁獲されたもので、身が厚くプリプリした食感と濃厚な旨みを楽しめます。吸い物や酒蒸しなどの和食はもちろんクラムチャウダーやシチューなどの洋食にも合います。
これを目当てに多くの観光客が訪れます。

◆交通・アクセス

電車:JR東金駅下車→バス(九十九里鉄道)で「片貝線」乗車→「九十九里町役場」下車(約25分)
車:千葉東金有料道路「東金JCT」→国道126号→東金九十九里有料道路→九十九里IC出口→九十九里町役場(約30分)

  • 一宮町
  • 長生村
  • 白子町
  • 大網白里市
  • 九十九里町
  • 東金市
PAGE
TOP