トラベル

大網白里市

大網白里市は、九十九里平野のほぼ中央に位置し、西は緑豊かな丘陵部、中央は広大な田園部、東は白砂青松の海岸部という緑豊かな風土を有しています。東京駅~大網駅間は約60分とアクセスも良く、都心部からの郊外型ベッドタウンとして発展し、 平成25年1月1日に市制に移行しました。

◆見所・PR

マリン

はーい。私はマリン。大網白里市のキャラクターをやってまーす。ちなみに観光大使にも任命されているの。本市を象徴するものと言えばやっぱり海。九十九里浜のほぼ真ん中にある白里海岸では、ハマヒルガオなど、色々な海浜植物が観察できるの。コアジサシの営巣やウミガメの産卵・ふ化など希少な動物が見られることも。夏には海水浴場がオープン。多くの人が遊びに来るわ。あとは名物焼きはまぐり。肉厚でジューシーなはまぐりはとってもおいしいわよ。
市の内陸部に目を向ければ、桜のスポットでもある小中池公園。大きなすべり台があって、子どもは大はしゃぎ。親子でピクニックなんていかが?あと、本國寺というお寺には昔、県庁が置かれていたんだって。宮谷(みやざく)県庁跡として記念碑があるの。
そのほかにも、南玉不動尊の滝、宮谷八幡宮、縣(あがた)神社など、奥深い歴史を感じることができるスポットがあるんだよ。ぜひ大網白里市に遊びに来てね。

宮谷県庁跡 小中池公園

◆まつり・イベント

元旦祭(1月1日)…白里海岸で開催され、太平洋から昇る初日の出を拝みに多くの人が訪れます。
浜まつり(8月)…白里海岸で開催。おまつり市場や各種踊りで盛り上がり、フィナーレには花火を打ち上げます。
産業文化祭(10~11月)…地元で採れた新鮮な野菜や海の幸の直売等の他、地域で活動する方々のステージ発表や作品展示を行います。

◆グルメ・特産品

はまぐり みりん干し

はまぐり、ながらみ等の海産物や鰯のごま漬け、みりん干し等の水産加工品の他、最近では、商工会を中心にご当地グルメ、鰯のつみれ入りコロッケ「いわしっコロ」、落花生入りコロッケ「ぴぃコロ」、黒イチゴを使用した「大網いちごロールを開発しました。

◆交通・アクセス

電車:東京駅の京葉線ホームから特急わかしお号で大網駅まで43分、総武線ホームから快速で66分

車:東京から東関東自動車道、京葉道路経由で千葉東金道路山田ICへ

  • 一宮町
  • 長生村
  • 白子町
  • 大網白里市
  • 九十九里町
  • 東金市
PAGE
TOP